急性期病院の看護師 働くデメリットの検証と解消

急性期病院の看護師は働くデメリットについて考えることも大切です。働くデメリットが見えているからこそ、メリットが多いと感じる職場を選択することができます。検証することが解消に繋がるのです。

急性期病院の看護師 働くデメリットを検証する

急性期病院の看護師は働くデメリットとしてどういったものがあるか 検証することが必要です。そういったことを行わない状態で転職しても、 同じようなことで転職を繰り返してしまうことがあるためです。 まずは急性期病院で起こりうるデメリットについて考えましょう。

残業が多く将来像が見えない

急性期病院では残業が多いというのは当たり前のこととして、 認識されています。しかし、独身の間や20代は問題ないかも しれませんが、例えば結婚したり年齢が高くなったりすると、 残業がきつい状態になってしまうことがあります。

そういったことを結婚する前、まだ体力的に問題ないうちから 考えるようになります。そうなると、まだ先のことであっても 不安に感じるようになり、早いうちに急性期病院の勤務から 慢性期病院に切り替えた方が良いと感じるようになります。

つまり、急性期病院での将来像が残業の多さなどから見えなく なってしまうのです。たかが残業だけで、と思うかもしれませんが、 それが毎日数年、数十年と続くことを想像すると、難しいと思ってしまいます。

仕事に対して自信がなく、先輩になる不安が強くなっていく

20代前半の看護師やママさんナースとしてブランクから復帰した 看護師に多いのが、仕事に対して自信がないということです。

急性期病院は看護師の職場の中で、最も忙しい分類の職場です。 先輩看護師を見ていると、テキパキと仕事をしている方が多く見えます。

そういった環境の中で自分がやっていけるのか、 入職したては問題ないが1年後、3年後は大丈夫なのか、という 思いが頭をよぎってきます。

ただ単に急性期病院に対しての 不安であればまだ良いのですが、看護師として仕事をすることに 対する不安を覚えることに繋がるケースもありますので、注意が必要です。

管理職にはなりたくないが、現場でずっともきつい

看護師の場合は師長や看護部長などの管理職を目指すのは、ほんの 一部です。その他の看護師は現場での仕事を行います。

例えば結婚し子育てをし、という方であれば良いのですが、看護師は ずっと独身の方も少なくありません。そういった方は、キャリアに ついていろいろと考えます。その時に、やはり年収をずっとアップ させていきたいと考えると、管理職をする必要があります。

現場での仕事は年収面もありますが、体力的にもきついと感じるように なります。こうなってくると、不安が大きくなってしまいます。

急性期病院の看護師 働くデメリットを解消するための転職

急性期病院の看護師は働くデメリットを解消するために、転職を考える ことがあります。これは当然のことですよね。しかし、その時に、 どういった職場であればデメリットを解消できるのかをしっかりと考えておくことが大切です。

ライフステージによっての変化に対応できる病院に転職する

女性が仕事をする際には特にですが、ライフステージに合った 職場で働くことが大切です。しかし、ライフステージによって 変化があるごとに転職するのはしんどいです。

であれば、今後のライフステージの変化に対応することができる病院を選択すると良いでしょう。

自分自身のこともありますが、子供の成長などでも 大きな変化が出てきます。結婚退職が当たり前ではないのです。

自分のレベルに合った職場に転職する

自分自身に自信がない状態で急性期病院で仕事をするのは、難しい かもしれません。しかし、急性期病院にもいろいろな規模、内容が あります。自分自身のスキルに一致している病院を選択すると、 長く勤務することができ、デメリットを解消したことに繋がるでしょう。

年収をアップできて、なるべく責任の負担が少ない管理職に転職する

管理職になると年収のベースはアップすることが多いですが、責任が 重くなるというデメリットがついてきます。これを解消する職場として、 なるべく責任の負担が少ない管理職に転職するというのがあります。

そんなのあるの?と思うかもしれませんが、上がしっかりしている 職場であれば自然と負担が軽くなります。つまり、看護部長がしっかり しているところに転職すると良いでしょう。

看護師転職支援サイトで、自分が長く働ける職場に転職する

とはいえ、ライフステージの変化に対応できる病院や、 自分のスキル、能力に一致している病院、看護部長がしっかりしている 病院を探すことは大変難しいです。面接時の内容や求人票だけでは情報が足りません。

それを補ってくれるところとして、看護師転職支援サイトがあります。 内情までをいろいろと教えてもらえる可能性がありますので、有効活用しましょう。

転職サイトランキングを見る