急性期病院の看護師 働くメリットから職場を選択

急性期病院の看護師は働くメリットから職場を選択する傾向にあります。では急性期病院で看護師は働くメリットとはどういったものがあるのでしょうか。メリットを考えた上で転職するケースを考えてみました。

急性期病院の看護師 働くメリットは自分の中にある?

急性期病院の看護師が働くメリットとして感じるものは、実は自分の 中にあります。どういうことかというと、メリットかデメリットか 分からないことが多いのです。つまり、自分自身がメリットと感じた ものがメリットと言えるでしょう。

スキルアップできる

スキルアップできる職場というのが、急性期病院の最も大きな メリットと言えます。もちろん、療養型病院などでもスキルアップは できますが、より見えやすいという点があります。

急性期病院では多くの看護技術を提供することになりますので、できた時に 成長を感じることができます。それが積み重なり、スキルアップ できたと感じます。

そして、更なるステップアップ、例えば 認定看護師なども、やはり急性期病院で勤務する中で取得することになるケースが多いです。

理想の年収にたどり着ける

急性期病院は他の病院やクリニックなどと比べると、高年収になりやすい 傾向にあります。もちろん、全ての病院がそうだとは言えませんが、 夜勤手当や残業代までを含めると、年収で500万以上というのも それ程難しくないでしょう。

そして、管理職をしなくても、年収600万円以上を目指すことができます。もちろん、自分自身の頑張り もいりますし、病院の状況によりますが、年収に関して大きな可能性を秘めているのが、急性期病院です。

周りの人から賞賛される

看護師という仕事は、患者様から喜んでもらう以外に、地域の方や 知り合いなどから、賞賛されることがあるというのも、メリットとして 捉えている方がいます。

プライドを持って仕事をすることができる ということに繋がります。女性が多い職場で、みんなからすごいと 言われる仕事となると、やはり種類が限られてきます。

その中で看護師は、不足している状況があるためなりやすいです。 そして、大変な仕事と認識されているため、仕事を認めてもらえます。 社会貢献できる仕事という点や、お世話をする仕事というのも、 やりがいを感じることができるでしょう。

急性期病院の看護師 働くメリットを感じる職場に転職する

急性期病院の看護師はより働くメリットを感じる職場に転職する 傾向にあります。メリットとして感じる内容が、ライフステージに よって異なるため、定期的な転職になる方が多いのです。

残業や休日出勤が少ないところに転職する

残業や休日出勤が少ない職場に転職したい、こういった声は多い ですが、ずっとそう思っているかというとそうではないかもしれません。

20代は残業や休日出勤を喜んで行っていたかも しれません。それは、年収が高くなるためです。しかし現在は 子供がいるため、残業や休日出勤は困る、そういったことに なっているのかもしれません。

このように、メリットはその時によって変わってくるため、それに合わせて転職する看護師が 多いです。病院内で特定の年齢層がいない病院がありますが、 そういった病院では特定の年齢層のライフスタイルが、その病院の 勤務形態に合っていないと言えます。

更なるスキルアップのために転職する

急性期病院で仕事をする中で、もっとスキルアップしたいと考える ようになる看護師がいます。こういった時には、多くの場合専門病院 に転職することになります。

専門性を極めるのであれば、より専門的に 行っている専門病院で働く方が、メリットが大きいからです。 特に脳神経外科や循環器科、消化器科などで多い傾向にあります。

迷ったとき、分からなくなった時には看護師転職支援サイトを活用する

自分自身の希望条件、スキルアップなどについて、どうするのが 一番いいのか分からなくなることがあります。そういった時には、 看護師転職支援サイトを活用すると良いでしょう。

どういった条件の急性期病院に転職すると、メリットを感じながら仕事ができるかを 考え、求人の提案をしてもらえます。第三者の視点からのアドバイスも大切ですね。

転職サイトランキングを見る