急性期病院 トリアージナースの重要性

急性期病院のトリアージナースは救急医療の現場において重要性が増しています。重症度の把握から優先順位の決定までを間違えなければ、救える命が多いためです。災害支援などを含めて注目されています。

急性期病院のトリアージナースとは一種のスキルである

急性期病院のトリアージナースとは一種のスキルにしか過ぎません。 スキルということは、トリアージナースという役職や専門職がある というわけではないのです。当然求人票にトリアージナースというもの も掲載されていません。ただ、このスキルは多くの急性期病院で重宝 されるスキルと言えます。

臨機応変な対応力がある

急性期病院では急変に対しての対応力が求められますが、 トリアージナースのスキルは臨機応変な対応力にも繋がります。

もちろん、マニュアル化されたものはありますが、その場の 状況に応じての臨機応変な対応が必要になってくるケースがほとんどです。

そういった場で慌てることなく対応できる スキルは、救急外来などでも役立つスキルと言えるでしょう。

冷静な状況判断ができる

トリアージナースの特徴として、冷静に判断し最善を尽くすということがあります。

看護師の仕事は全てそういったことにはなりますが、 なかなか急患が多い状況などになると、冷静に対応できなくなって しまいます。そういった場で、冷静に判断できるスキルを持った 看護師がいると、現場が落ち着きます。

また、患者様は自分自身で 自覚症状がないケースも多いため、冷静に看護師が判断することが 大切になります。

リーダー的な存在になれる

トリアージナースはリーダー的な存在になれるスキルを持っています。 判断力や適応力、どれをとってもリーダーとして現場をまとめる力があります。

これは、急性期病院の中でも同じことが言えます。 救急外来でもそうですし、病棟でも指示を出したりすることができるでしょう。

トリアージナースもいろいろな将来像を 持っていますので、活かし方を提案することで救急現場以外でも 活躍してくれる可能性が高くなります。

急性期病院のトリアージナースとしてのスキルを転職に活かす

急性期病院のトリアージナースとしてのスキルを、転職に活かしていく ことは難しいことではありません。逆にどういった病院であっても トリアージナースは欲しいというのが本音です。

ということは、 トリアージナース自身が将来どういった看護師になっていきたいか を考え、そしてトリアージナースとしての経験の活かし方をイメージすることが大切です。

トリアージナースは別としても能力的に欲しい人材

トリアージナースだから欲しいというよりは、トリアージナース のスキルを持っている看護師は何でもこなせるだろう、という 考えがあります。

よって、実際の仕事としてはトリアージナース の仕事かというとそうではないことも多いです。実際に、 トリアージナースは災害時には必要ですが、一般の救急外来では それ程必要というわけではありません。

ただ、冷静に判断し、 対応できる能力は、看護師としてどの仕事でも必要な能力です。

スキルアップの場は数多く存在する

トリアージナースとしてのスキルアップの場としては、災害支援を 行っている急性期病院などで勤務をすると良いでしょう。

そういった病院は数は多くないかもしれませんが、国内に限らず海外の支援活動 にも参加すると、より多くのスキルを身につけることができます。 トリアージナースは日本でというよりは世界で活躍するスキルと言えるでしょう。

看護師転職支援サイトを情報収集の場として活用する

トリアージナースとしての転職を考えると、看護師転職支援サイト を活用しても、希望する急性期病院に就職できる可能性は少ないかも しれません。ただ、情報は多く収集することができます。

その情報をもとに、どういった病院でキャリアを積んでいくかを考えていくと 良いでしょう。もし、民間の急性期病院での勤務の中に希望する ものがあるようであれば、看護師転職支援サイトが最大限のサポートをしてくれます。

自分ではなかなか行いにくい年収交渉なども行ってくれます。 看護師転職支援サイトの活用できる部分をフルに活用しましょう。

転職サイトランキングを見る