急性期病院の看護師 給料にこだわろう

急性期病院の看護師の給料は高いようなイメージがあるかもしれませんが、実際には労働時間で考えるとそれ程高くないケースも多いです。自分自身で給料にこだわりを持つことが大切です。

急性期病院の看護師 給料の内訳を把握する

急性期病院の看護師は給料の内訳を把握しておくことが大切です。というのも、手取り額しか把握していない看護師が多いためです。手取り額しか把握していない状態では、給料が高いのか安いのか、本当のところが分かりません。また、長く勤めた場合のメリットがある急性期病院なのかという点も、給料の内訳が大きく影響しています。

基本給の金額を把握する

なんといっても基本給がいくらなのか、総支給額の中のどれくらいを 占めているのかということを把握することが大切です。

基本給は給料の一部でしかなく、それ以外にも多くの手当がつくのが看護師の特徴とも言えますが、基本給が安いとカバーしようがないデメリットがあります。

それが賞与と退職金です。賞与は何ヶ月分という点が大きければ金額は保たれますが、何ヶ月分というところの数字が大きい病院の方が、賞与 カットが頻繁に起こっている現状があります。その点注意が必要ですね。

そして、退職金に関しては、当然ながら病院の規定がありますが、やはり 基本給が査定のベースとなりますので、基本給が高い方が高くなりがちです。

変動給の割合を把握する

看護師の給料は基本給と定期的に支払われる手当による固定給と、 残業代や夜勤手当などによる変動給が合わさって構成されています。

特に急性期病院は変動給のウエートが大きいのが特徴ですね。 単純に残業が多いと言えばそれまでですが。 給料の総額が高ければそれに越したことはない、と考えがちですが、 変動給のウエートが大きすぎると、一気に給料が下がることもあります。

例えば、夜勤ができない状態になると、月給が10万以上下がる、という ケースもあります。変動給がどれくらいになっているかは把握しておいた 方がいいでしょう。

病院全体の面から給与を考える

病院の経営状況やハード面の状態、つまり病院の老朽化ですね。 そういったことも考えて就職することが大切です。

というのも、病院が老朽化すると、新病院の建設を検討することがありますが、 新病院建設の前後には給料のカットが発生するケースが多いためです。 特に賞与が少なくなることが多いですね。

言わば、新病院の建設費 に回されるということです。病院が新しくなるということで喜んで ばかりもいられないのです。

急性期病院の看護師は給料が仕事に見合った職場を選択しよう

急性期病院の看護師は給料が仕事に見合っている職場を選択することが 大切です。当然のことではありますが、実際にはなかなかそうできて いない看護師が多いです。

仕事内容と給料のバランスが悪いと長続きしない

仕事内容と給料のバランスが悪い急性期病院で仕事をすると、いろいろな 面での不満を持つケースが多いです。例えば人間関係なども、給料が 良ければそうでもない状況なのに、ということもあるのです。

お金が全てではありませんが、評価されているという意識にも繋がる ものですので、仕事内容の割に給料が安い、と思った時には転職する ことを視野に入れた方が良いでしょう。

急性期病院自体を敬遠するようになってしまう

給料が安い急性期病院で働き続けていると、急性期病院自体を敬遠する ようになります。ちょっとしたトラウマのようになるためです。

そうなってしまうと、急性期病院が選択肢から外れてしまうように なるのですが、仕事としては急性期病院が良いのに、という葛藤も 感じるようになり、転職を繰り返すようになるケースがあります。

給料の問題は早めに区切りをつける方が良いですね。

看護師転職支援サイトを活用し、給料の高い急性期病院を選択しよう

しかし、給料の良い急性期病院というのがどこなのか、求人票をみるだけでは分かりにくいです。

統一された基準で書かれていないので、実際はどこが高くなるのか分かりません。 そういった時に、看護師転職支援サイトを活用すると、過去の情報をもとに、 実際の給料を教えてくれることがあります。最も信ぴょう性が高い情報です。

転職サイトランキングを見る