急性期病院の看護師 転職(辞める)理由は改善されるのか?

急性期病院の看護師の転職(辞める)理由はいろいろとありますが、 実際の話として転職することで改善されているケースは多いのでしょうか? 看護師の仕事には変わりありませんので、それ程の違いがないように思えます。

急性期病院の看護師 転職(辞める)理由は信頼関係から?

急性期病院の看護師の転職(辞める)理由は、仕事内容や仕事の きつさ、人間関係などがありますが、それだけではありません。 やはり根底にあるのは、病院と、もしくは上司との信頼関係ですね。 しっかりとした信頼関係があると、離職するケースが少なくなるのです。

残業代や代休がない

残業代の支給がない、というのは大きな問題として取り上げられる ケースがあります。この問題は、実際には残業代の支給がないのでは なく、残業時間として認識される時間が短い、ということが問題に なっています。

つまり、看護師からすると残業しているが、病院から すると残業とは認めない、というものが多いのです。急患があって 残業が発生した場合は残業として認めるが、通常の業務が勤務時間外 になってしまった時には、残業時間として認めない、などですね。

他にも残業として認めるケースを、細かく指定している病院もあります。 代休に関しては、取得することはできるのですが、言い出しにくい 雰囲気があることが多いです。その結果、取得できないということに なり、誰にも言えないことで余計に不満がたまっていくのです。 こういうことがあると、職場に対する信頼はなくなってしまいます。

信頼してもらえていないと感じることがあった

例えば、仕事上でのミスを頭ごなしに叱られたなどの経験がある 看護師は多いでしょう。

看護師の仕事はチームで行うことが多い ため、自分のミスではないことも自分のせいにされてしまうことが あります。

そういったことが積み重なると、上司のことを信頼する ことができなくなり、転職に向けて気持ちが傾くようになります。

賞与のカットがあった

近年では賞与のカットが発生している病院が増えています。

金額が少なくなることは当然問題ですが、それ以前に説明がほとんどない ケースが多く、賞与カットに対して納得している看護師が少ないことが大きな問題になっています。

賞与カットされた現状を理解し、 賞与を取り返せるように頑張ろうとならずに、転職の方に気持ちが向いてしまうためです。

賞与は病院の業績によって増減するのは 仕方ないものですが、それを看護師にきちんと説明し理解してもらう 努力をしていく必要はありますね。

急性期病院の看護師 転職(辞める)理由を次に活かすために

急性期病院の看護師は転職(辞める)理由となっていることを次に 活かせるように、いろいろな工夫をします。なかなか難しい面も ありますが、出来る範囲で入職前に情報を収集できるようにすることが大切です。

疑問点がないように入職前にチェック

看護師の面接は非常に簡単なものが多く、病院からの質問も少なく すぐに終わってしまうことが多いです。

その流れの中で、看護師もあまり質問をせずに終わってしまうことがありますが、一度就職で 失敗した場合は、その経験を活かして、いろいろな質問をするようにしましょう。

特に転職の動機になっている部分に関しては、綿密に 質問をし、疑問点をなくした上での就職ができるようにしましょう。

職場見学や師長との面談を行う

しかし、看護師の場合は口頭で話を聞いてもイマイチよく分からない ことも多いです。

例えば、月の平均残業時間を聞いても、大体10時間 から20時間という返事が返ってきます。しかし、これは病院全体の 平均値ですので、部署によって全く違うことも考えられます。

自分が配属される予定の部署の師長との面談も入職前に行うことが できると、イメージしやすくなりますね。

看護師転職支援サイトを活用し、内情を把握する

看護師転職支援サイトを活用することも1つの手段です。

看護師の転職を斡旋した経験があると、それによっていろいろな内情を 把握していることがあります。その内情は求人票にもありませんし、 面接時にも聞くことができない内容であることも多いです。

病院選びで失敗したと感じている看護師にとっては、より必要なサービスと言えるでしょう。

転職サイトランキングを見る