救急外来看護師(ER看護師)求人はより慎重に選択しよう

救急外来看護師(ER看護師)求人は当然ながら急性期病院に存在していることがほとんどですが、病院の内容によっていろいろな救急外来看護師(ER看護師)があります。病院の内容をしっかりと把握することが大切です。

救急外来看護師(ER看護師)求人は病院の診療科目、規模をしっかりと把握しよう

救急外来看護師(ER看護師)求人は、病院の診療科目や規模によって 大きく異なります。よってしっかりと内容を把握した上で、 救急外来看護師(ER看護師)求人に応募することが大切です。 特にどういったことに注意すると良いかをまとめてみました。

病院の規模でいろいろな救急外来看護師(ER看護師)がある

病院の規模によって救急外来看護師(ER看護師)は大きく違ってきます。

大学病院や公的な病院であれば、運ばれてくる救急は 3次救急などの緊急を要するものがほとんどです、雰囲気も ピリピリとしたものになっていますし、救急搬入数も多くなって いるため、夜間でも仮眠が取れるケースは少なくなっています。

民間の中規模な急性期病院だと、救急は2次救急がメインとなり、 緊急性が大分下がります。また、対応できないという急患であった 時には、大規模な病院に対応してもらうことができますので、 そういった面でも気分的に楽に対応できます。

そして、小規模な個人病院でも救急対応しているところはあります。 その場合は、1.5次救急と言われるケースが多く、入院せずに そのまま帰られる患者様も多いです。内容的には楽ですが、件数は 結構多く、対応に追われることもあります。

診療科目によって救急外来看護師(ER看護師)の仕事が異なる

救急外来看護師(ER看護師)は診療科目によって、大分内容が違います。

まず、救急外来看護師(ER看護師)というと、やはり脳神経外科や 循環器科が出てくるでしょう。こういった診療科目では、 より緊急性が高くなります。

救急患者様が搬入されてきた時には、 ピリピリとした雰囲気になり、即座に対応することが求められます。 緊急オペになるケースも少なくありません。

逆に内科系などになると、あまり急変がないため、気分的には 楽に対応できます。しかし、救急医療を勉強したいのであれば、 ちょっと物足りなく感じるかもしれません。

救急外来看護師(ER看護師)専属になっていない病院もある

小規模な個人病院では、病棟と救急外来看護師(ER看護師)を 兼任になっていたり、オペ室との兼任になっていたりすることがあります。

これは、救急で運ばれてくる患者様が少なかったり、 重症な患者様が運ばれてこないため、看護師の対応が少ない という病院で起こりうることです。

仕事としてある程度いろいろな 部署での経験があれば楽かもしれませんが、煩雑な業務に なりがちで、スキルアップにも繋がりにくいです。

救急外来看護師(ER看護師)求人の条件も様々です

救急外来看護師(ER看護師)求人は条件面もまちまちです。 簡単にいうと何をとるかです。その視点で説明します。

給与をとるか、楽な職場をとるか

救急外来看護師(ER看護師)の場合、給与と仕事内容がリンクしているケースが多いです。

つまり、給与が良い職場は忙しくて残業が多く、 楽な職場の場合は残業がほとんどないが、給与も安いという感じです。

病棟であれば病院の経営状況によって年収が逆転するケースもあります が、救急外来看護師(ER看護師)に関してはほとんどありません。

長く勤めることができる職場かスキルアップか

救急外来看護師(ER看護師)は生涯働ける職場かというと、病院に よって違います。大学病院や公的な病院になってくると、年齢と ともに厳しくなってくることが予想されます。

よって、ある程度落ち着いて働ける中小規模の救急外来看護師(ER看護師)を選択 する方が無難です。しかし、とにかくスキルアップというのであれば、 大学病院などで救急に携わる必要があります。

目的で判断すると間違いがないですね。

自分の希望する病院が分からないときは看護師転職支援サイトへ

自分の希望する病院がどういった病院か分からないという場合は、 看護師転職支援サイトで希望を伝えてみると良いでしょう。

きっと希望に一致した病院がどういったところなのかアドバイスしてもらえますよ。

転職サイトランキングを見る