急性期病院の看護師 やりがいは人それぞれ違う

急性期病院の看護師はやりがいとして感じていることが多くありますよね。看護師の職場は多種多様になってきていますが、やはり急性期病院を希望する看護師が最もやりがいを求めています。しかし、そのやりがいも人それぞれです。

急性期病院の看護師 やりがいはバタバタとゆったり?

急性期病院の看護師のやりがいはいろいろですが、大きく分けると バタバタした環境とゆったりとした環境があります。極端なように 思いますが、各々理由があります。

走り回る職場環境の中で自分のポジションを確立

バタバタした職場環境にやりがいを感じる看護師は、その環境の中で 自分の技術、スキルを磨いてポジションを確立することにやりがいを 感じます。

看護師という人の生死に関わる責任の重い仕事の中でも、 特に大変な職場の中でいきいきと仕事をしていると、どれだけ仕事で 疲れても疲れを感じさせないようです。

それだけアドレナリンが 出てくるのでしょう。特に外科系で多い傾向ですね。救急外来など でも、そういった看護師が多く在籍しています。

1人1人の患者様に寄り添った看護を提供する

逆にゆったりとした環境で働きたいという看護師は、内科系を希望 していることが多いです。そして、ゆったりとしたというのは どういうことかというと、患者様に寄り添って必要な看護を提供する、 ということです。

実は急性期病院で仕事をする看護師の中で、最も 多い仕事のジレンマとして、もっとゆったりとした環境で患者様に 寄り添う看護がしたい、というのがあります。

しかし、療養型病院に 行くと、ゆったりとはしていますが看護技術を提供する場がない、 ということで、悶々としているのです。結果的には、急性期病院の 内科病棟で勤務することが多いですね。

看護師であることを実感できる

看護師の職場は多種多様になってきていますが、その中でもやはり 看護師として仕事をしていることを実感できる職場は急性期病院 です。

看護スキルを最も活かせる職場であり、人の生死に直結した 場所で、日々患者様に向き合っている姿が看護師としての充実感に 繋がっています。

急性期病院の看護師 やりがいを求めた転職とは?

急性期病院の看護師がやりがいを求めた場合の転職とはどういった ものなのでしょうか?

看護師がやりがいを求める場合、自分自身の 看護観と違うなど、仕事をしていく上での疑問を感じるようになります。 それが体制やシステムであることもありますし、病院の看護の質で あることもあります。そういった疑問を解消するために転職を選択 するのです。

専門スキルを極めたい

急性期病院から急性期病院に転職する場合は、専門スキルを極めたい というケースがあります。これは、最初の転職の時に多いパターンです。

というのも、最初の配属先は看護師が選択することは少なく、就職先が ランダムに決定します。その中でどういった診療科目を勉強したいか、 自分の専門分野としてより高度な技術を身につけるかを考えるように なります。

大体3年間看護師として勤務をすると、将来的にどういった 看護師になりたいかが見えてくるものです。その時に専門性が高い 急性期病院に転職していきます。

上のポジションを目指していきたい

看護師のやりがいとして、看護スキルを磨くことだけではありません。 管理職としてのキャリアを考える方もいます。

ある程度の期間 一生懸命仕事をしている中で、副主任、主任とステップアップして いきます。そして、管理者研修なども受けることができるようになります。

勤務先の病院で管理職の空きが出れば良いですが、実際にはなかなか 空きが出てきません。よって、チャンスがあれば管理職として採用して もらえるところに転職します。これもやりがいを求めた転職の一例ですね。

やりがいが感じられない時、看護師転職支援サイトに相談しよう

やりがいに関しては看護師各々が感じることであり、目に見えるもの ではありません。しかし、そのやりがいを感じることができない場合、 転職するべきかを悩むようになります。

漠然とした悩みであるため、 なかなか方向性が固まらずに、月日だけが過ぎていくケースも多いのです。

そういった時に、看護師転職支援サイトに相談すると、転職することで 解消するものなのかどうか、そしてやりがいを感じることができる 求人があるのかどうかを教えてくれます。

転職サイトランキングを見る