急性期病院の看護師は求人が多すぎる

急性期病院の看護師は求人が多すぎることが問題となっています。求人が多すぎると、どの求人が自分に適しているのかが分かりにくくなることと、すぐに転職を考えてしまうという現象が起きます。

急性期病院の看護師は求人をよく目にしている

急性期病院の看護師は求人に困ることはほとんどありません。 逆に求人を簡単に目にすることができるため、気持ちが乱れて しまうことが多いのです。

イライラするとスマホで検索

急性期病院で仕事をしていると、忙しい環境になればなるほど、 ピリピリとした雰囲気になっています。ピリピリした雰囲気に なると、当然ながら怒られることも多くなります。

そうなると、仕事を終えたあともイライラしてしまい、本気ではないにしても ちょっと転職が頭に浮かびます。一昔前は求人広告にしろ インターネットにしろ、わざわざ見にいく必要がありましたが、 今はスマホがあります。ちょっと簡単に検索ができるのです。

場合によっては看護師転職支援サイトが運営するアプリも あります。そういったものを活用すると、身近に求人がある生活になります。

電車などにも広告がありますよね

看護師の通勤手段として車や自転車もありますが、電車通勤や バス通勤などもあります。

公共交通機関には、看護師の求人広告 などが貼られていることが多くなっています。求人が貼られている ケースはそこまでではありませんが、転職フェアなどのイベントは 大々的に貼られていますね。

現在の職場に不満があったり疲れ果てて いたりすると、ついつい目についてしまうものです。

求人雑誌も主流は看護師求人です

駅前やコンビニの前などに、無料の求人雑誌がありますよね。 無料なので何気なしに手にする方も多いですが、その中の求人も やはり看護師が主流になっています。

通常でも多いですし、頻繁に医療系の求人の特集を組みます。医療系といっても 結局は看護師が7割以上になるんですよね。つまり、求人雑誌を なにげに手にとっただけで、看護師の求人を目にする機会になるのです。

いろいろな場面を出しましたが、いずれも 現在の職場に不満を持っていたり疲れていたりするときに、 発生する出来事です。そして、そうなりやすいのが急性期病院なのです。

急性期病院の看護師は求人を見るのは転職を決めてからで良い

急性期病院の看護師は求人をちょくちょく見ている方が多いですが、 実際には転職することを決めた上で見る方が良いです。その理由は以下に述べていきます。

求人から入ると希望条件がぶれてしまう

求人を眺めていて何となく応募したりすると、自分自身の希望条件が はっきりとしないことがあります。

面接官は魅力的な話をどんどんしてきますので、その中で自分自身の希望に一致しているかどうかを見極めることが大切です。

求人を見る前に、自分自身の希望条件をはっきりさせ、それに該当しないものは辞退していくことが、結果的に成功する転職活動になります。

中途半端な気持ちでは退職できない

急性期病院の看護師が転職する場合において最も大切なのは、退職すること かもしれません。というのも、転職先の内定までは決まったのに、退職 することができなくて内定取り消しになる看護師が多いのです。

何となく転職したいという中で、流れに任せて転職活動をしても、 いざ退職届を提出する際に、強いひき止めにあってしまい、気持ちが 折れてしまいます。転職する時には、まずは転職に対して強い決意をすることから始めましょう。

長い目で考えていくなら看護師転職支援サイトを活用しよう

看護師の転職活動は、長期的なスパンで考えることも多いです。 1年計画で転職活動を行う看護師も少なくありません。

そういった時に、自分で求人に応募するなどをしていると、調整が非常に 難しく感じることでしょう。看護師転職支援サイトを活用することで、 面接先の選定、求人応募の時期などを計画的に行ってもらえます。

要望を伝え、それにそって作ってくれた計画にのるだけでいいのです。 ある意味、マネージャーのような感じでしょうか。不安に思った時には 相談相手にもなってくれますし、心強い存在になると思いますよ。

転職サイトランキングを見る