急性期病院の看護師に必要なスキルをもとに職場を考える

急性期病院の看護師に必要なスキルはいろいろと存在します。しかし、特定のスキルというものが決まっているわけではなく、性格面とセットで考えていく必要があります。急性期病院といっても豊富な種類がありますから。

急性期病院の看護師 必要なスキルは科目によって変化する?

急性期の看護師に必要なスキルは、科目によって違いがあります。 当然ながら、技術的なスキルは科目によって全く違ってきますよね。 ここでは、大きく分けた外科系と内科系について、性格的な部分と リンクするスキルについて説明します。

外科系は判断力と行動力が大切

急性期病院の外科系は患者様の平均在院日数がかなり短く、入れ替わりが 激しいです。夜間に救急搬入されてきて、そのまま入院となるケースも 少なくありません。

こういった環境で仕事をする看護師は、まずは判断力 が大切になってきます。ここでいう判断力とは、バタバタした環境の中で 優先順位を決めて行動できるかどうかです。

この能力はスキルとして 大切なだけでなく、外科系の看護師にとっては、自分自身の労働環境を 整える上でも大切になってきます。

つまり、残業などの多さが判断力に よって変わってくる部分があるためです。どうしようもない残業は ありますが、効率的に動くことで改善できることもあります。

内科系はコミュニケーション能力が大切

急性期病院の中で内科系は、外科系と比べるとゆったりとした環境に なっているところが多いです。慢性的な病気で入退院を繰り返して いる患者様なども多いですね。

とはいえ急性期病院ですので平均在院日数 もそれなりに短く、患者様の入れ替わりはあります。こういった内科系 では、患者様とのコミュニケーション能力が重要になってきます。

入退院を繰り返している患者様などは顔見知りになっています。 いかにコミュニケーションを円滑に取れるかで、業務の進み具合が変わってきます。

看護スキルは最低限で大丈夫、それよりも協調性が大切?

看護スキルは当然ながら必要ですが、これは経験をしていくことで 徐々に身に付きます。上手い下手はありますが、得手不得手として 受け入れることが大切です。

しかし、協調性を持っていないと、 看護師としての仕事を続けることができなくなってしまうことがあります。

仕事自体もチームで行うことが多いというのがありますが、 人間関係が上手くいかないと仕事を続けていくことが難しくなります。

急性期病院の看護師 必要なスキルと合わせて適職を選ぶ

急性期病院の看護師は必要なスキルに合わせて適職かどうかを判断する ことも必要です。

自分自身がしたいと思っている業務があった場合も、 自分のスキル、そして性格面で考えたときに、合っているかどうかを 考えないと、後悔する転職になってしまう可能性があります。

必要なスキルが合っていないと長続きしない

必要なスキルが合っていない急性期病院で仕事をすると、いろいろな弊害が出てきます。

例えば、仕事についていくことができない、もしくは 仕事にやりがいが感じられない、ということがあります。これは、 どういった仕事に向いているかが違うため、その仕事を行った時に感じる ことが違うために起こります。

こうなってしまうと、早期で退職を 検討することになる看護師が多いですね。

向き不向きとやりたいことを転職前に棚卸しする

転職をする時にまずは求人を眺める方が多いですが、まずは自分自身の 仕事内容、条件面の希望をしっかりと把握することが大切です。

希望があやふやであると、求人を探していく中でどの求人が一致している のか見えなくなってしまいます。

援助機関として看護師転職支援サイトを活用する

自分の希望条件や仕事内容を考えてもよく分からない、という場合は、 看護師転職支援サイトを有効に活用しましょう。

看護師転職支援サイト を活用すると、条件面や仕事内容での希望に一致した求人の提供や、 働き方のアドバイスなどをもらえることもあります。

今まで多くの看護師をみてきた転職コンサルタントに対応してもらえれば、 今の自分の状況に一致している求人がどういったものなのかを教えて もらえます。失敗しない求人選びをすることができますよ。

転職サイトランキングを見る