急性期病院と慢性期病院の違い

急性期病院と慢性期病院の違いは入院期間の長さをイメージされがちですが、当然ながら他にもあります。急性期病院と慢性期病院お違いを正しく認識することが、適職を選択することにも繋がるのです。
続きを読む

急性期病院の看護師 やりがいは人それぞれ違う

急性期病院の看護師はやりがいとして感じていることが多くありますよね。看護師の職場は多種多様になってきていますが、やはり急性期病院を希望する看護師が最もやりがいを求めています。しかし、そのやりがいも人それぞれです。
続きを読む

急性期病院 看護師の役割は病院ごとに違う

急性期病院の看護師の役割は病院ごとに大きく異なります。急性期病院の中でも病院の規模などが異なっており、各々が連携して日本の急性期医療を支えているのです。当然ながら看護師の役割も異なりますので、その辺りを説明します。
続きを読む

急性期病院の看護師に必要なスキルをもとに職場を考える

急性期病院の看護師に必要なスキルはいろいろと存在します。しかし、特定のスキルというものが決まっているわけではなく、性格面とセットで考えていく必要があります。急性期病院といっても豊富な種類がありますから。
続きを読む

急性期病院のDPCは看護師にとってどうなの?

急性期病院のDPCは医療の透明化、標準化ができるというメリットがあります。また、医療費の削減ができる可能性も秘めています。しかし、デメリットもないわけではありません。その中で看護師にとってはどうなのかを検証します。
続きを読む

急性期病院 リハビリは位置づけが難しい診療科目?

急性期病院でリハビリの分野の重要性が増しています。とはいえ、リハビリは急性期の分野なのかといった感覚も当然あります。病院の区分の中でも急性期とリハビリ、そして慢性期、療養型となっていくためです。看護師の位置づけはどうなのでしょうか?
続きを読む

急性期病院の看護師 働くデメリットの検証と解消

急性期病院の看護師は働くデメリットについて考えることも大切です。働くデメリットが見えているからこそ、メリットが多いと感じる職場を選択することができます。検証することが解消に繋がるのです。
続きを読む

急性期病院の看護師 働くメリットから職場を選択

急性期病院の看護師は働くメリットから職場を選択する傾向にあります。では急性期病院で看護師は働くメリットとはどういったものがあるのでしょうか。メリットを考えた上で転職するケースを考えてみました。
続きを読む

急性期病院 トリアージナースの重要性

急性期病院のトリアージナースは救急医療の現場において重要性が増しています。重症度の把握から優先順位の決定までを間違えなければ、救える命が多いためです。災害支援などを含めて注目されています。
続きを読む

急性期病院の看護師 仕事内容で病院を選択しよう

急性期病院の看護師は仕事内容がどこも一緒と考えがちですが、急性期病院の中でも規模や専門分野の違いなどで仕事内容が異なってきます。どういった病院がどんな仕事内容になるのかを把握し、希望に一致しているところで仕事をしましょう。
続きを読む

転職サイトランキングを見る